漫画家


【 悲報】キン肉マン声優が死去【ミート君 】


松島 みのり(まつしま みのり、1940年12月1日 - 2022年4月8日)は、日本の声優、女優、ナレーター。千葉県船橋市出身。青二プロダクション所属。別名、松島三川。 東京都立大学附属高等学校卒業。NHK演技研究所出身。以前は劇団三十人会、劇団新劇場に所属していた。
25キロバイト (2,323 語) - 2022年4月12日 (火) 12:54



キン肉マン!!!ミートくんの声優が亡くなった・・・キャンディ・キャンディもやってたんだね・・・

【【 悲報】キン肉マン声優が死去【ミート君 】】の続きを読む


【映画アニメ】1位は!?【 ランキング】


アニメーション > アニメーション映画 映画 > アニメーション映画 アニメーション映画アニメーションえいが、英: Animated movie)は、映画館で公開する映画として製作されるアニメーション(アニメ)映像作品。略称としてアニメ映画、そのほか映画館を劇場と呼ぶ慣習から劇場用アニメ
150キロバイト (12,227 語) - 2022年4月11日 (月) 16:16


納得の1位!!!大好きなアニメ!!!名探偵コナン?おそ松さん?

4月9日~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新作「ファンタスティック・ビーストダンブルドアの秘密」が圧倒的な強さで首位スタートを切り、「SING シング ネクストステージ」は2位にワンランクダウン。「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争リトルスターウォーズ) 2021」が3位をキープし、累計で動員200万人、興収23億8000万円を突破している。

「映画 おそ松さん」は4位に2ランクダウンしたが、「余命10年」は5位をキープ。新作「チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」が6位に初登場している。豊田悠の人気コミックが原作で、赤楚衛二主演、町田啓太共演でドラマ化し人気を呼んだ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(通称「チェリまほ」)の劇場版。7位には新作「とんび」がランクインした。

公開16週目に入った「劇場版 呪術廻戦 0」は圏外の11位に後退したが、累計動員は956万人、興収は134億円を突破。「アナと雪の女王2」を抜き、国内歴代興収ランキング18位となっている。

なお、4月15日より劇場版25作目「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」が公開される。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021


(出典 news.nicovideo.jp)

【【映画アニメ】1位は!?【 ランキング】】の続きを読む


【 画像】ヤマザキマリの「テルマエ・ロマエ」


ヤマザキ マリ(1967年4月20日 - )は、日本の女性漫画家、文筆家、画家。東京造形大学客員教授。海外暮らしが長く、現在はイタリア共和国在住。スマイルカンパニー[1]所属。 既婚 1967年(昭和42年)、東京都に生まれる。母親(神奈川県・鵠沼出身)がヴィオラ奏者として札幌交響楽団に在籍してい
36キロバイト (4,678 語) - 2022年3月26日 (土) 16:47


2度目のアニメ化経て「私の中では終わっていない」

 人気漫画「テルマエ・ロマエ」が約10年ぶりにアニメ化され、『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』としてNetflix3月28日より全世界独占配信中。2009年に単行本化された「テルマエ・ロマエ」は、「私の人生をものすごく変えた作品」「私の中では終わっていない」と、原作者のヤマザキマリさんが湧き出る熱い思いを語ってくれた。

【フォトギャラリー】『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』場面カット

 Netflixシリーズテルマエ・ロマエ ノヴァエ』は、ローマ帝国で浴場を専門とする建築技師として働く主人公・ルシウス役を津田健次郎が演じ、原作にはない新たに書き下ろした2つのオリジナルエピソードがあり、各話の終わりには原作者・ヤマザキマリが出演する日本の温泉文化を世界に伝えるミニ実写エピソードテルマエ・ロマエ巡湯記」も! 「ノヴァエ(新しい)」にふさわしいシリーズとなっている。

――改めて今回のアニメ化について、率直なお気持ちをお聞かせください。

【ヤマザキ】「テルマエ・ロマエ」(漫画)は単行本のヒットのあとに阿部寛さん主演で実写化され、フラッシュアニメも作られましたが、日本では原作者はこうした映画やアニメ化に直接関わることはできません。製作委員会の方で進められていく企画を確認する程度です。日本の興行のストラクチャーとはこういうものなのかと理解する反面で、蚊帳の外に置かれていることが、もどかしいという気持ちがありました。なので今回のネトフリアニメには直接自分も携わることができたので、満足できましたし、とてもうれしかったです。

――描き下ろしのエピソードは?

【ヤマザキ】今回の2つの新作エピソードはかねてから構想していたものです。どうしてルシウスがあんな風変わりな人間になったのか、彼の子供時代の背景を描けばもっと話が膨らむかなと思ったんです。原作漫画にも出てきますが、幼いルシウスの面倒を見ていた祖父(サビヌス・アエティウス・モデストゥス)や父親も少しだけでも登場させたいと思っていました。ルシウスの祖父も実は優れた建築家で、ルシウスに大きな影響を与えています。

 今、「プリニウス」(とり・みきとの共著/紀元1世紀のローマ帝国が舞台)という作品を連載していますが、いずれルシウスの曽祖父(祖父の父)につながるのかな(「テルマエ・ロマエ」は紀元130年代/2世紀のローマが舞台)などと考え始めると、祖父は祖父でまた別の漫画のエピソードになりそうですが(笑)。私としては、ローマという文明を浴場で支えてきたモデストゥス家に関しては、フィクションでありながらも特別な思い入れがありますね。

 もう一つ、江戸時代タイムスリップするエピソードも1回やってみたかった。戦国時代タイムスリップするというのも考えてみたんですけど、壮大な展開になりそうでとりあえず幕末の江戸時代にしてみました。既存のエピソードでも実写版では扱われなかったものがいくつもあるので、それを今回は余すことなく盛り込みました。

――それほどまでにルシウスに思い入れがあるのはどうしてなんですか?

【ヤマザキ】自分で意図したわけではありませんが、ルシウスの性格は私自身が反映されているらしいです。「テルマエ・ロマエ」を読んだ高校時代の同級生から「ルシウスってマリだよね。どうでもいいことにとことんこだわるところなんて全く同じじゃん」と指摘されたこともあったのですが、ルシウスのキャラクターは描きやすいですし、あれこれ考えなくてもどんどん勝手に動いてくれる(笑)。忖度なく、体裁とか、人にどう思われるかとか、そんなことは二の次、三の次。生真面目なのに、どこか滑稽でおちゃめ。そんなキャラクターは非常に描きごたえがありますし、社会性には欠けるかもしれないけど、実はこういう人こそイノベーションのスキルが高いということを伝えたかったというのがあります。

――Netflixシリーズとして世界配信されましたが、海外の反応が気になります。

【ヤマザキ】テルマエ・ロマエは世界8ヶ国で翻訳されています。フランスイタリアでは結構読まれた漫画なので、SNSでも今回のアニメ化を喜んでくれているコメントが結構ありました。海外ではまだ漫画やアニメは子供騙し的な先入観を持った人たちがいます。でも、漫画やアニメの世界というのは本当に広くて深い。今や私のように日本人でありながらイタリアで長年油絵や美術史を学んできたうえ、シリアアメリカなどの国々に移り住んだ人間が漫画家になる場合もある。「テルマエ・ロマエ」はそんな自分の経験を生かした、比較文化系の作品だと思うので、漫画を読んだことがない人にはもちろん、読んだことがある人にも楽しめると思うのです。アニメや漫画で表現できる世界とはこんなにも振り幅の広いものなのか、世界の人たちに知っていただけるとうれしいですし、それがまた彼らの日常の何かを触発する糧になればいいな、と思います。

■人生に無駄はないという教訓的なものも込められている

――今回のミニ実写エピソードテルマエ・ロマエ巡湯記」ですが、かつて北海道の地元テレビ局で温泉リポーターのご経験があったそうですね。

【ヤマザキ】「巡湯記」の企画のご提案いただいた時、ああこれは昔取った杵柄(きねづか)を発揮できるな、と思いました。子供が生まれて日本に一時帰国していたころ、テレビで温泉レポーターもやっていたことがありました。実はそんな経験も「テルマエ・ロマエ」という漫画ができるきっかけとなり、巡り巡って「巡湯記」でリポーターをやることになるという顛末には感慨深いものがありました。そのときは何の役にも立たなさそうな経験も、いずれどこかで必ず役に立つことがある、人生に無駄はないという教訓的なものも込められているかもしれません(笑)

――お風呂に興味を持ったのは温泉レポーターがきっかけだったのですか?

【ヤマザキ】元々はうちの祖父母が銭湯好きで、内風呂があるのに週2、3回は一緒に銭湯に行っていた。その影響を受けて育ちましたし、35年以上にもわたる海外暮らしではなかなか浴槽がある家に住めなかった。日本のように気軽に温泉に行けるような環境にもなかった。そうした入浴と温泉への枯渇感がお風呂愛や温泉愛につながり、漫画という表現になったんだと思います。

――今、お風呂愛は満たされていますか?

【ヤマザキ】そうですね。外で仕事がある時は無理ですが、家にいる時は、1日3回お風呂に入ります。朝起きてすぐと、夜寝る前には必ず入る。仕事していて煮詰まったら入る、もっと煮詰まっていたら2回でも3回でも入る(笑)

――入り過ぎということはないんですか?

【ヤマザキ】ないです。なぜかというと、私は長湯はしないんです。10分くらいお湯に浸かればもう十分。湯ぶねに浸かっている間は何にも考えていません。頭の中は、完全な無、それから仕事をするとすごく効率がいいんです。煮詰まったときは風呂に入ることによって余計な考え事が払拭され、脳が完全にリセットされる。その効果は古代ローマ人もわかっていたことなんです。お風呂に入ってリセットしたほうが、無為に過ごす時間が減って、より長く充実した1日が過ごせる。お湯に入るとリラックスできて、新陳代謝もアップして老廃物が出てスッキリする、良いことだらけだということは、これからもお風呂漫画家として啓蒙したいですね。最近はなかなか遠出ができませんので、これまであちこちの温泉地で買い集めた湯の花を自宅の浴槽に入れて、温泉気分を味わっていますが、時間があったら箱根あたりまで車を飛ばして、日帰りもしくは一泊して温泉に入りたいですね。

――イタリアと日本を行き来して、漫画やコラムの連載を抱え、テレビ出演もあり、パワフルに活動していらっしゃる方だと思っていましたが、お風呂や温泉でリフレッシュして、普通の人の倍以上活動していらっしゃる。ご自身に似ていると言われたルシウスよりはるかにヤマザキさんの方が好奇心の塊。日々大忙しですよね?

【ヤマザキ】元気なときに忙しく生きてるのはいいことですよ。休める時は休めばいいんでしょうけど、今はまだ、メンタル面での栄養素を蓄えるための時期だと思ってますから。自分が本当に休みたいと思ったら、休めばいいんです。体力と精神力が旺盛なうちはまだ頑張ります。この地球上ではどんな動物も皆そうやって生きているわけだし。

――仕事で煮詰まったら、お風呂に入って“無”になってみます。

【ヤマザキ】試すのはいいんですけど、浴槽で寝てしまうと危ないですから疲れすぎている時は気をつけてください(笑)

――お話とお気遣い、ありがとうございました

原作者のヤマザキマリ=Netflix シリーズ「テルマエ・ロマエ ノヴァエ」全世界独占配信中


(出典 news.nicovideo.jp)

【【 画像】ヤマザキマリの「テルマエ・ロマエ」】の続きを読む


『藤子不二雄A』についてまとめてみた


藤子 不二雄(ふじこ・ふじお・エー)こと安孫子 素雄(あびこ もとお、1934年〈昭和9年〉3月10日 - 2022年〈令和4年〉 4月7日)は、日本の漫画家。藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄として活動した。共作の『オバケのQ太郎』や『忍者ハットリくん』、『怪物くん』、『プロゴルファー猿』などの作品で知られる。
39キロバイト (5,752 語) - 2022年4月7日 (木) 06:53




【【 画像】しょこたんもショック・・・】の続きを読む


征海 美亜(いくみ みあ、1979年[要出典]3月27日 - 2022年3月7日)は、日本の漫画家。大阪府出身。主に『なかよし』(講談社)などで活動。代表作は、アニメ化もされた『東京ミュウミュウ』(原案・講談社、シナリオ・吉田玲子)など。旧名義は征海(読み同じ)。 1998年 -
4キロバイト (478 語) - 2022年3月14日 (月) 06:53

(出典 cv.bkmkn.kodansha.co.jp)


ご逝去のお知らせ

『東京ミュウミュウ』や『スーパードール★リカちゃん』

100 名無しさん@恐縮です :2022/03/14(月) 14:10:43.95

>>50
2022年に「ご奉仕するにゃん」でフェミ様が大炎上させてくれただろうにな…


【【訃報】征海美亜先生】の続きを読む

このページのトップヘ